外壁材

モルタル

メリット

 モルタルのメリットは仕上げ方が様々でデザイン性が高いことです。職人が一軒一軒コテなどを使って模様を描いていくので、オリジナルの外壁に仕上げることができます。モルタル外壁用意匠性塗材「ジョリパット」というものがあり、モルタルの上に仕上げ塗材と砂を混ぜたものを吹き付けて仕上げます。よりデザイン性の高い仕上げになります。またモルタルにはつなぎ目がないので、窯業系サイディングのようにつなぎ目からの雨漏りリスクは低いです。

デメリット

 メリットであるデザイン性の高さから、施工が複雑で工期も長いため費用が高くなってしまいます。またモルタルには水が含まれているため、施工後時間が経過すると乾燥し水が蒸発することで、モルタルにヒビが入ります。仕上げ方にもよりますが、表面が凸凹しているので、汚れがたまりやすいというデメリットもあります。しかし上記でご紹介したジョリパットはデザイン性の高さに加えて、柔軟性が高くひび割れが発生しにくいという特徴があります。モルタルをお考えの方はジョリパットの使用をおすすめします。

モルタル