家族葬のメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 家族葬のメリット・デメリット
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
家族葬のメリット・デメリット自分と残された家族の為に行う終活~家族葬~

小さなお葬式ならではのメリットは多い!

   大きな葬式の良くないところは規模が大きくなればなるほど、喪主や遺族が参列者などのや応対や式の進行に追われ、心身ともに疲れ果ててしまうことだ。その点、家族葬などの小さなお葬式では参列者の応対に追われることなく、故人とゆっくりお別れできる。また、参列者は故人をよく知り、心から冥福を祈る人ばかりなので、思い出話をしながら悲しみを共有し、心身の負担を減らす作用も期待できる。

   家族葬は形式があるわけではないので様々なアレンジが可能。費用をかけたいところ、省きたいところも自由自在な点もありがたい。

家族葬のメリット

  • 会葬者が少ないので、広い斎場を借りなくてもよい。状況によっては自宅で行うことも可能。
  • 会葬者が少ない分、料理や返礼品の費用が抑えられる。
  • 多くの会葬者に応対する必要がないので心身の負担が少なく、故人とゆっくりお別れができる。

家族葬のデメリット

  • 従来の一般的な葬儀を望んでいた親族に反感を持たれることがある。
  • 後日、自宅に香典や供物を持って訪れる弔問客の対応に追われることがある。
  • 家族と面識のない故人・知人に死亡を知らせることができない場合がある。

   家族葬を行う上で一番気をつけなければならないのは、親族や参列者に前もって説明し、理解を得ることだ。理解を得ないまま進めてしまうと、世間体を気にする親族などから不満の声が上がり、お互いにしこりを残すことになりかねない。

   また家族葬では葬儀後に故人の死を外部に知らせるため、参列できなかった友人・知人などが後日、次々と弔問に訪れる可能性もある。そういったことへの対応も事前に考えておく必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>