自分のエンディングは自分でプランニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自分のエンディングは自分でプランニング
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
自分のエンディングは自分でプランニング自分と残された家族の為に行う終活~家族葬~

費用だけの準備では不十分

   ある調査によると、自分の葬儀のための準備をしている人は年代が高くなるにつれ増えていき、70歳代では約7割にも達しているそうだ。その具体的な内容を見てみると大半は金銭面での準備であって、「生命保険を費用にあてる予定」、「費用を貯金している」、「互助会に入ってる」などが並んでいる。葬儀を行うには確かにある程度まとまった金額が必要となるが、金銭面の準備だけじゃ不十分と考えよう。従来通りではなく、自分らしい家族葬を行いたい場合は、そのことを生前に家族へしっかりと伝えておかねばならない。

死期の迫っている人から葬儀の話を聞かされるのはツライこと

だから元気なうちに計画を

   葬儀の準備などというと、縁起が悪いと敬遠されることも少なくない。ましてや死期の迫っている人から葬儀のことについて聞かされるのは想像するだけでもツライ。だからこそ、本人が元気なうちに葬儀についての要望をハッキリと家族へ伝えることが大事なのだ。口で伝えるだけでは家族が戸惑ったり、親族の反対にあったりすることがあるから、必ず書面に残しておく。それをノートなどにまとめ、家族が分かるところに保管しておくことも重要だ。もちろん、途中で葬儀に対する考え方が変わることは大いにありえる。そのような時は修正すればいいし、すればするほど自分の理想の葬儀に近づいていくと前向きに考えよう。※このノートには法的効力がないので、正式な遺言書を残す場合は民法に定められた方式にのっとって作成する必要があります。

生前予約や生前契約という方法も

   自分の希望通りの葬儀を行うため、生前に業者や団体と予約・契約してしまうという方法もある。サービス内容や費用の支払いは業者や団体によって異なるので、確認しておこう。また、本人の気持ちに変化が生じた場合、解約なども含めて、それに対応してくれるか。物価の変動による料金の改定は適用されるのか。この二つにも気を付けたい。ちなみに先払いの場合、業者が破綻してしまったら葬儀が実行されない可能性もあるので、後払いの方が安心だ。自分が死ぬ前に業者が逝ってしまったら、笑うに笑えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>